女性ホルモンを増やすコツ|サプリメントで更年期障害予防

女性に大事なホルモン

悩む女性

ホルモンの働き

女性の体を司る女性ホルモンは28日の月経リズムで成り立っています。卵胞期には卵胞ホルモンの「エストロゲン」が活性化します。そして排卵日を挟んで黄体期になると、黄体ホルモンの「プロゲステロン」が活性化します。エストロゲンとプロゲステロンが交互にうまく分泌されている状態が、ホルモンバランスが整っている状態です。女性ホルモンが好調だと肌も好調な状態になります。しかし、加齢、ストレス、ダイエットや不規則な生活習慣などが原因となって女性ホルモンのバランスが崩れることがあります。女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、肌荒れ、ニキビ、月経前症候群、生理不順、生理痛、更年期障害などが起きる可能性が高まります。

女性ホルモンを増やす方法は沢山あります。まずしっかり睡眠をとること、ストレスをためないようにすること、ダイエットをしないことなどが基本的に大事なことです。食べ物やサプリメントで女性ホルモンを増やすこともできます。大豆イソフラボンに含まれる「植物性エストロゲン」という物質は、エストロゲンと結びついて疑似エストロゲンとして働きます。大豆イソフラボンは納豆やきなこ、豆腐やみそなどに多く含まれています。サプリメントではプエラリア、チェストベリー、ブラックコホシュ、ワイルドヤムなどが女性ホルモンを増やす効果があります。サプリメントならカロリーを気にしなくてもよく、効率的にエストロゲンやプロゲステロンを増やすことができます。

早めに相談しよう

色々な漢方薬

更年期障害に効果のあるとされているのが、漢方薬です。効き目が穏やかで、一人ひとりの体質や症状に合わせて処方されるため、しっかりと飲み方などを確認することが大切になります。専門医に相談することが大切になります。

詳しくはこちら

ローヤルゼリーの力

悩む女の人

更年期になるとホルモンバランスが乱れ、それによる血行不良で様々な症状が出てきます。しかし血流を良くする効果のあるローヤルゼリーのサプリメントを飲めば、症状は緩和されやすくなります。さらにホルモンバランスを整えるデセン酸も含まれているので、更年期障害の予防にも役立てることができます。

詳しくはこちら

ホルモンバランスの乱れに

メディシン

更年期障害はホルモンバランスの乱れによって起こる症状です。そのため、ホルモンバランスを整える必要があり、漢方薬や市販されている薬を使用するのが有効的な手段です。医師と相談して、使う種類を選定しましょう。

詳しくはこちら