女性ホルモンを増やすコツ|サプリメントで更年期障害予防

早めに相談しよう

色々な漢方薬

人気のわけとは

更年期障害の症状は一人ひとり異なります。日常生活をおくることが難しくなるほど酷い症状が現れる人がいる一方で、症状が出ていることに気が付かないという人もいます。更年期障害は40代後半から50代前半にホルモンが減少することによって様々な症状が現れる事を指します。更年期障害の治療法としては、内服薬を使用する場合には、西洋医学と東洋医学の大きく2つに分けることが出来ます。東洋医学の考えに基づいて使用されるのが、漢方薬です。漢方薬は効き目が穏やかで、効果が現れるまでに時間が必要というデメリットがありますが、複数の症状に対して効果を得ることが出来るというメリットがあります。更年期障害の症状や体質に合わせて漢方薬が処方されるという事が人気の理由でもあります。

飲み方を確認しよう

漢方薬は煮だして飲むタイプと顆粒タイプがあります。顆粒タイプは、水もしくは白湯で飲むようにしましょう。独特のニオイや味があり、飲みにくいという場合には、オブラートなどを使用することで無理なく飲むことが出来ます。煮だして飲むタイプは、土瓶などで煮だした後に漉して飲むようにします。服用するタイミングは、漢方薬の種類や組み合わせにより異なりますので、必ず服用する前に確認するようにしましょう。漢方の種類によっては、食後に飲んでしまうと有効成分が十分に吸収されない可能性もありますので、注意が必要です。ある程度の期間服用しても思ったような効果を得ることが出来ない場合や効果が出過ぎるという場合には医師に相談することが大切です。