女性ホルモンを増やすコツ|サプリメントで更年期障害予防

ホルモンバランスの乱れに

メディシン

適切な治療方法

中高年になると発症する更年期障害は、おもにホルモンバランスが崩れることが原因で身体的または精神的に異常が生じます。そんな更年期障害のおもな治療方法としてはホルモン補充療法が有名で、この方法はエストロゲン単剤や黄体ホルモン製剤、その二つの配合剤などを使用してホルモンバランスを整える薬物療法です。また更年期障害は不定愁訴を得意分野とする漢方も有効で、加味逍遥散エキス顆粒や帰芍薬散エキス顆粒といった漢方薬がよく利用されています。他にも不安感やうつといった精神的な症状がある場合は、抗うつ剤や抗不安剤、睡眠導入剤などが処方されることもあります。このように更年期障害に処方される薬はその患者の症状に合わせるために、すべてが同じわけでなく、個人差があるという特徴があります。

セルフケアの注意点

病院で処方された薬を使用した治療が一番ですが、更年期障害に効果的とされている薬は一般的なドラッグストアなどにも市販されているので、そういったものを利用するケースもあります。また漢方薬に関しても、病院を通さずに個人的に購入することは可能なので手軽に利用することもできますし、健康サポート食品のサプリメントを利用するといった方法もあります。このようにセルフケアでの治療も可能となっていますが、セルフケアで注意したいのはやはり病院の医者による見立てでないために、本当に症状に合っているかどうかの判断が難しいといった面があることです。またサプリメントは正確には医薬品ではないので、あくまでサポート食品として認識する必要があります。それゆえにやはり最初は病院を受診し、自分の症状の改善に必要なものは何かを認識し、病院での治療と併用してセルフケアを実行する方が無難です。そうすることでもしセルフケアを実行して何かトラブルが発生したとしても、すぐさま医者に相談することも可能です。